オントロ Photoblog

カメラで描く日常と非日常

デジタル時代のカメラ選びで、重要なこと (1. カメラ選びのコンセプト)

この記事は、新たにデジタル一眼レフ購入を考えている人、買い替えを検討している人には、役立つかもしれません。

デジタル一眼選びにおいていちばん大切なのは、自分の経験と直感を信じることだと思います。よって、情報を集めることと、実際に触って確かめることは必須と考えます。
また、どのカメラ・レンズが適しているのかというのは、人によって、用途によって全く異なります。
ここに書いてある情報だけをうのみにせず、いろいろなところを参照してみてください。メーカーによっても得意分野があり、オールマイティなキャノン、動く物体に強いニコン、堅牢なPENTAX...いろいろです。


f:id:dorapon10:20161019050952j:plain
(...新しいカメラ、どうしようかなあ。うわあ、考えたら発狂しそうだ)

何をもってデジタル一眼を選択するのか

今まで使っていたPENTAX K-S2にも、ひとつだけ、いただけない点があった。それは、他の一眼レフにも共通することなのだが...


ゴツくて、
大きくて、
重い。

(3つあるじゃねーか)

カメラは、毎日持ち歩くものか、それとも伝家の宝刀か。

一眼レフカメラ(プリズムあり)において、カメラ本体やレンズの重さと写りの良さは比例する。完璧な写りを求めるならば、重さを度外視して、大口径レンズやフルサイズ機といった重いものを使う。「大きくてデカいほうが映りがいい」(そこ!男性の大きさに詳しいフロイト心理学がどうどか言わない!)これは正しいことだ。
たとえば200mm望遠レンズだと、小型なものだと300-400gから、大型なものは重量5kgを超える。しかし、それをわざわざ使う理由が必ず存在する。

これが曲者なのだが、映りがいいのと、常時持ち歩くのとでは、また別問題なのだ。
ヨーロッパ旅行において、それは如実に表れた。

写りには満足している、だが、重いのだ。

日差しが差し込んでシャッターチャンスだ。だが、重いのだ。

あの路地裏に何かあるかもしれない。だが、重いのだ。

お土産を買いたい。だが、重いのだ。

シャッターを押すまでのタイムラグが、だんだんと苦痛になってくる。構図やら何やらを考える余裕さえ奪われる。ボディとレンズで1kg近くあるものを首から下げて歩くのは、普通ならばいいのだが、長い距離を歩きながらやるとなると、疲れるものだ。

けっきょく自分は、重いカメラを使いこなせないことがわかった。
もちろん、リュックサックに機材をぜんぶしまい込むという方法もある。旅行中、友人は、超広角・18-135ズーム・単焦点レンズの3本、そして折り畳み三脚を、肩掛けカバン・防水リュックと併用して仕舞っていた。カメラ本体は、雨天時のみリュックにしまう。全て合わせると、かなりの重量になるはずだが、彼の話によると「これくらい普通」なのだそうだ。うぅ...尊敬する。

かたや自分も、18-50, 50-200のズームレンズをショルダーバッグに入れていたが、後者はほとんど出番がなく、旅行の途中からは、望遠レンズはスーツケースで眠っていてもらうことになった。


そして気付いた。私は、重いカメラを持ち歩くことに向いていない。だが、カメラは毎日持ち歩ければと思っている。せっかくいいカメラを買ったのに、持ち歩かずにしまっておくのはもったいないと考えた。
要は、いつも出会う日常風景を、携帯のカメラじゃない方法で撮りたいのだ。撮影枚数は、多いと思う。どのような状況であっても(雨や雪が降ろうが、砂塵が舞おうが)持ち歩けるカメラがあればいいなァ...と、思うようになった。
この場合は、重さだけでなく、大きさも問題になってくる。大きすぎず小さすぎず、映りがいい、そして、軽さこそ正義ッ!そんなカメラを渇望していた(あるのかなあ)。


実際にカメラを持って、出掛けてみなければ、分からないこともある。
しかし、自分に適したカメラを考える際に、重要なものがいくつかある。
ひとつは、重さと大きさが撮影用途に見合ったものであるか。もうひとつは、自分の撮影スタイル。そして、カメラのデザインを自分が気に入るかどうか。

ここでは、デジタル一眼を購入するにあたって重要なものだけを挙げる。そして、購入する際には、この3つを十分に考えてから購入すれば、確実だと考えている。

買い替えを決意

この気付きを契機に、自分の中で何かが変わったのだと思う。

帰国後、K-S2を買ったのと同じ電器屋を冷やかしに行き、カメラコーナーでいくつか実機を触ってみた。そんな中、FUJIFILMのミラーレス一眼であるFUJIFILM X-T1(現在は後継機 X-T2が出ています)の軽さ・映り具合・触り心地に、

惚れてしまったのだ。
惚れてしまったのだ。
惚れてしまったのだ。
惚れてしまったのだ。

K-S2を購入した昨年時点で、ミラーレスは眼中になかった。俺の眼は一眼だったのだ
しかし、映りを確かめると、これがまたよい。それは別としても、軽くて小さい。防塵防滴。フォルムも、触っていて満足がいくし、形も好きだ。あ、ミラーレスという選択肢も、ありだな。

軽さと画質を考えるならば...

いいんじゃね?これ。

ということで、次の日から、家電量販店に通い、パンフレットとにらめっこする日々が始まった。

最終的に、いくつかの機種で迷いながらも、FUJIFILMのミラーレス・X-PRO2を中古で購入するに至りました。
特に軽量で写りの良いカメラを志向したので、マイクロフォーサーズとは最後まで比較していました。


FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2


きょうの結論

1. カメラを決めるにあたっては、自分の経験と直感から入っていけ!
2. 最初の炎を大事にすべし(もちろん、サイフの中身とも要相談)
3. 自分がいちばん気に入ったもの・スタイルを具現化せよ(カメラ性能は青天井、カメラはスペックのみにあらず)
4. 「重さ」「大きさ」は、人によっては重要なファクター。筆者は、購入してから気付いた。使わずにほこりをかぶるのは、避けたい。

以上!


次は、カメラと交換レンズの個性を決める「センサーサイズ」(フルサイズ・APS-Cフォーサーズ)について書きます。