オントロ Photoblog

カメラで描く日常と非日常

EUROPE 1

2017年2月27日…


(飛行機から眺める流氷)

 旅とカメラ。旅に持ち歩くはカメラ、カメラを持って歩けばそれは未知なる世界への旅。全く知らない土地では、未知を撮る。訪れたことのある土地では、既知から未知を切り取る営み。

 22年生きてきて、最初のドイツ訪問だった。これまで、中国、東南アジア、フィリピンと海外を歩いてきたが、ドイツは明らかに毛色が異なる。アジアの、雑然とした、バラックとコンクリートのごった煮のような風景は、ドイツでは見なかった。それは、今回の旅が、パッケージ化され、行く場所が決定づけられていた旅行だったからなのかもしれないが、行くところ行くところ綺麗で、清潔で、それでいて、大切にされている建物の連続した風景が、広がっていた。


ヨーロッパ第三位のハブ空港・フランクフルト空港からバスを走らせ、最初の街・ハイデルベルクへ。
ハイデルベルク城は、中世の雰囲気をまだだいぶ留めている。


人通りのあまり多くない市街地。



橋の欄干に虹模様が描かれているのが気になった。
この虹は、LGBTを示す証だ。自由と個人主義、価値観の多様化と静かな主張。同質に見えて、異質なものが混ざっている。


このカメラで撮りました。


久々の更新になります。年末の宣言通り、当ブログはヨーロッパへの進出を果たしました。ぼちぼちと、写真をご紹介できればと思います。

広告を非表示にする