読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オントロ Photoblog

カメラで描く日常と非日常

旅行

EUROPE 3

オーストリア・インスブルック ツアーバスはアルプス山脈を越え、ドイツからイタリアへと渡っていた。道中で、オーストリアの都市・インスブルックへと立ち寄ったのだが、ここがまた非常に美しい都市で驚いた。 ハプスブルク家の支配都市で、「影の首都」と…

EUROPE 2

ドイツ・ネルトリンゲン 某巨人系人気漫画(『進撃の○人』か?)のモデルになった、とパンフレットに書いてあった。日本ではあまり見かけない、面白い色のハト。建物の外壁と同じような色をしたハトが生き残っていく。 街の中心部には塔があり、市街を一望で…

EUROPE 1

2017年2月27日… (飛行機から眺める流氷) 旅とカメラ。旅に持ち歩くはカメラ、カメラを持って歩けばそれは未知なる世界への旅。全く知らない土地では、未知を撮る。訪れたことのある土地では、既知から未知を切り取る営み。 22年生きてきて、最初のドイツ訪問…

永平寺 (福井旅行 8)

福井県にある、曹洞宗の総本山 福井旅行の最後は、曹洞宗の中心寺院・永平寺(えいへいじ)。今でも多数の修行僧がここで生活している。また、全国からお勤めに来る人々のための宿泊施設まである、大変ビッグなお寺。門前町も形成されている。 境内は一般公…

敦賀・金ヶ崎古戦場跡 (福井旅行 7)

戦国時代ファンにとってはあまりに有名な「金ヶ崎の戦い」別に「金ヶ崎撤退戦」。 織田信長が、朝倉義景を攻撃するために敦賀方面へと進軍していた。しかしその途中で、信長が妹を嫁がせていた盟友・浅井長政がまさかの同盟破棄。信長軍は挟撃される形となり…

一条滝と佐々木小次郎 (福井旅行 6)

ある寺にて。滝と不動明王。小さいながら、滝がつくられている滝には何らかのチカラが宿っているらしい。 1.水が落ちる音 2.見たときの印象の強さ 3.大きな滝になると、水が舞ってとても涼しい(マイナスイオン?) これらの特徴は、滝がパワースポットとし…

一乗谷 (福井旅行 5)

一乗谷は、越前の戦国大名・朝倉氏の本拠。朝倉氏は家臣団をここに集住させていた。また応仁の乱以降、京都から逃れてきた知識人たちの受け皿のひとつとなった。 詳しい史料は、付近にある朝倉氏資料館に展示されている。谷は織田信長の軍の侵攻により全て焼…

越前大野・土井氏の遺産 (福井旅行 4)

越前大野城と石垣につぶされて伸びている人の図 越前大野城とその周辺 さて、越前大野の地に着いた。市街地中心部には大野城があり、周囲には武家屋敷や寺社町など、旧時代の建物が残る。3年前まで人が住んでおり、そこから市に寄贈され、修理復元、公開され…

東尋坊の夕日 (福井旅行 3)

東尋坊(福井県)の夕日写真。

福井県立恐竜博物館 (福井旅行 2)

勝山市内で海鮮丼を食し、英気を養った一行が次に向かったのは、福井県立恐竜博物館であった。www.dinosaur.pref.fukui.jp 国内の博物館でこれほど興奮したのは数年ぶりだった。スケールの巨大な恐竜骨格展示は、博物展示の白眉とも言えるだろう。館内は自由…

福井県 白山平泉寺 (福井旅行 1)

9月下旬、福井旅行と称して友人数人と、レンタカーで福井県を巡る旅をしてきた。今日から数回にわたって、福井県で撮影した写真を掲載したい。FUKUIにも観光地が数多くある。但し、それぞれ距離がある上、公共交通網が貧弱なため、主要な観光地を訪れる際に…

福井旅行0日目

これらは全て福井県の写真です、さてどの場所の写真でしょうか? 皆さん、地名を当ててみてね 正解は明日以降のエントリで。 まっぷる 福井 恐竜博物館 '17 (まっぷるマガジン)作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部出版社/メーカー: 昭文社発売日: 2016/03/23…